下野由貴@shimono_0402
投稿数
111
フォロワー
11140

最近のインスタ投稿。 These are embedded Instagram posts, not archived.

下野由貴
View this post on Instagram

昨日は、博多座で上演中の『レ・ミゼラブル』を観劇してきました。 この文章を書いてる今は観劇直後で、感動のあまり語彙力低下中です。すみません。 レミゼはもう、ミュージカルの王道というか、名作中の名作ですね!!!はい!!! 何度観ても感動するけど、その時によって感情移入する登場人物や感じ方も違ったり、毎回新しい発見があります。 なにより音楽が素晴らしくて、客電が消えて音が鳴った瞬間からもう感動しちゃって、レミゼだぁ〜ってなるんですよね。笑 あんま専門的なことは分かりませんが、博多座ってすごく音がいい気がします!最高! 感動ポイントというか、お気に入りのシーンもありすぎる。なにから話そう。笑 観る度に感情移入する登場人物が変わると書きましたが、今回は改めてジャン・バルジャン視点で観ていましたね、気づいたら。 もちろん主人公だから、いつも感情移入して観てるんですけど、今日の私はバルジャンの心の動きというか、葛藤とか信念がすごく心に刺さったみたいです。守りたいものが出来てからの覚悟というか、自分の思う正義を貫く姿がかっこよくて。ジャベールの思う正義とは違うからこそ、この作品の感じ方は人それぞれなのかな。 演じるキャストさんによって、バルジャンとジャベールの関係性というのもちょっとずつ変わる気がするから面白いですよね。 何回観ても、ストーリー知ってても、 上演中ずっと泣いてるの不思議だぁ。笑 本当に目の前で登場人物が生きてるんですもん。 キャストが変わったり、キャストが同じでも日によって、またはその日の自分によっても感じ方が変わります。 どの舞台でもそうだと思いますけど、レミゼは特にそれを実感する気がします。 最高だったなぁ。 #レミゼラブル #レミゼ #博多座 #しものの観劇日記 #観劇 #musical #lesmiserablesmusical #lesmiserables

A post shared by 下野由貴 (@shimono_0402) on

下野由貴
下野由貴
下野由貴
下野由貴
下野由貴
View this post on Instagram

『ライオンキング』 先日、劇団四季『ライオンキング』を観劇しました。劇団四季の『ライオンキング』は、あまりにも有名で、劇団四季といえばライオンキングだと思われる方も多いかもしれません。実は私はミュージカルが好きと公言していながら、なかなか機会がなく、この日、ようやく観劇することができました。 この作品はディズニーの長編アニメーション『ライオン・キング』をミュージカル化したもので、劇団四季では1998年から約20年ものロングランを記録しています。 アフリカの広大なサバンナ、動物達の王国プライドランドを舞台に、その国を治めるライオンの王の子供、シンバの成長を描いた物語です。シンバが自分自身でトラウマと向き合い、乗り越えていくシーンがあったり、アニメよりも成長というキーワードがより分かりやすく伝わってきました。 この作品で最も特徴的なものといえば、なんといってもパペットだと思います。演者が演技をしながら、演じる動物のパペットを動かし、その動物が実際にそこに生きていて台詞を話しているかのようにみせる手法です。その手法は文楽からヒントを得ているとパンフレットに記載されていました。文楽は3人でひとつの人形を動かしますが、この『ライオンキング』では1人の演者とパペットが繋がっていて、演者の動きと連動するようになっているものがありました。その効果なのか、演者の動きは動物的でしたし、動物は、本物の動物よりも人間的というか、動きはリアルだけども、表情とか感情はしっかり読み取れるようになっているなと感じました。 他にも、影絵を使った演出だったり、シンプルだけど世界観のあるセットだったり、私的にヌーの大群が出てくるシーンはとても迫力があって、この場面をこうやって表現するんだ!って感動しましたね。あと、ティモンとプンバァが博多弁を話していて、シンバがプライドランドから離れたことをより実感させたし、何より楽しかった!そして、圧巻といえば冒頭の「サークル・オブ・ライフ」でしょうか。様々な場所から動物たちが出てきて、プライドロックへと向かい、勢揃いした時の、「ライオンキングだ!」ってなるあの感覚は、あの場にいなきゃ味わえないものですね。私は運良く通路側の席だったので、すぐ横を動物達が通って、その時に受けた物語の風は、私をよりサバンナの中へと引き込んでいきました。 ステージという限りのある空間の中で、こんなにも広大な世界を広げることが可能なのかと衝撃を受けましたし、小さい頃に出会っていたら、もっと違う感覚だったのかなぁと思います。昔に一度観たことがあるという方は、今もう一度観てみるのもいいかもしれないですね。 #観劇記録 #観劇 #劇団四季 #ライオンキング #劇団四季ライオンキング #キャナルシティ博多

A post shared by 下野由貴 (@shimono_0402) on

下野由貴
下野由貴
下野由貴
下野由貴
下野由貴
下野由貴
View this post on Instagram

・ ・ ・ 2019.5.12 . 武田鉄矢・コロッケ特別公演 『博多座開場20周年記念公演 水戸黄門』 『武田鉄矢×コロッケ×海援隊 スペシャル・オン・ステージ』 ・ 博多座開場20周年を記念した公演ということで、内容も特別感がたっぷりでした! 1幕はお芝居、2幕はショーの二本立てになっています。 あの有名な水戸黄門の登場人物達が目の前にいるという感覚は、それだけで楽しくなるし、また博多座という空間でそれを味わえるのが素敵だなと思いました。しかも、武田鉄矢さん演じる水戸光圀と、コロッケさん演じる旅芸人、余一のニセ水戸光圀が観れるという豪華さ!あの有名な決め台詞を聞くとテンションが上がりますね! そして、横山由依さん演じるお豊が本当に素敵でした。博多弁がすごく自然で可愛かったなぁ。可愛いだけじゃなくて、芯の強さも感じる女性で、そこにゆいはんさんの優しい雰囲気が加わってすごく魅力的でした。 お話もコミカルな部分が多いし、登場人物達の掛け合いも絶妙で、舞台をあまり観ない方でも観やすいんじゃないかなと思いました。 スペシャル・オン・ステージも、本当に楽しくて、海援隊さんや出演者の方々の素敵な歌に感動しましたし、コロッケさんのモノマネや武田鉄矢さんのお話が本当に面白くて面白くて、もともと筋肉痛だった腹筋が笑いすぎにより更に痛くなりました。笑 知らない曲も多かったのに、惹きつけられるというか、ずっと聞き惚れてましたね。 なんだかお祭りのような、特別感のある盛りだくさんな舞台で、本当に楽しかったです! 5/25まで博多座で上演中です。 #観劇記録 #博多座 #武田鉄矢コロッケ特別公演 #水戸黄門 #横山由依 さん #写真なぜか真ん中にきてしまった #申し訳なさ

A post shared by 下野由貴 (@shimono_0402) on

下野由貴
View this post on Instagram

・ ・ ・ 2019.5.4 ・ 『天狗ON THE RADIO』 ・ この作品は、天狗町という小さな町にあるコミュニティFM局『てんぐFM』が資金難などから閉局することが決まってしまいます。最後に公開生放送をしようとするのですが、様々なアクシデントがあり、無事に乗り越えることができるのかというお話です。 藤田奈那さんとすごく仲良くさせていただいてて、なぁなさんのお芝居が観たくて、観劇させていただきました!毎日のように連絡を取り合うくらい仲良いのに、実はなぁなさんのお芝居を観るのは初めてだったんです。 なぁなさんの舞台姿、すごく素敵だったなぁ。終演後に会ったらいつものなぁなさんで(そりゃそうか笑)舞台上と別人でびっくりしました。いつかなぁなさんとお芝居できるようになれたら幸せだろうな、というか、そうなれるように頑張らなくてはいけないなと思いました。 登場人物達はトラブルメーカーばかりで、公開生放送のシーンは本当にわちゃわちゃというか、バタバタ! でも、こんな人いるかもなぁって思える人たちばかりだから、なんか憎めないというか、どんどん愛おしくなるし、自分も天狗町に住んでいるかのような感覚で、観終わった後はあたたかい気持ちとともに、ラジオ局がなくなる、登場人物達に会えなくなる寂しさもありました。平成を振り返るようなシーンもあり、まさに今の時期ぴったりでしたね! また素敵な作品に出会えました! #天狗ontheradio #藤田奈那 さん #観劇 #観劇記録 #観劇欲出てきたよ

A post shared by 下野由貴 (@shimono_0402) on

下野由貴
下野由貴